ビタミンB1硝酸塩 五十肩

ビタミンB1硝酸塩の五十肩への効果!副作用やアレルギーの危険性は

ビタミンB1硝酸塩ってあまり聞きなれない成分なのですが、五十肩などの関節痛に効果が期待される成分です。
ビタミンB1硝酸塩の効能や副作用、アレルギーなどの危険性についてご紹介していきます。

ビタミンB1硝酸塩とは?

あまり聞きなれないビタミンB1硝酸塩ですが、摂り入れたことがある人は多いと思います。
なぜかというと、疲れたときなどに飲む栄養ドリンクに入っている定番の成分のひとつがビタミンB1硝酸塩だからです。

ご飯などの糖類を分解しエネルギーに代えてくれる成分で、不足すると疲労感や集中力の低下、手足の痺れなどを引き起こします。

水溶性の成分なので必要量以上に摂取しても、尿として排出されるので心配ありません。


ビタミンB1硝酸塩の五十肩への効果

ビタミンB1硝酸塩は糖質をエネルギーに代えてくれる働きのほか、痛みを緩和してくれる効能もあります。
子宮の筋肉痛を和らげる効果もあり、生理痛改善の医薬品にも使用されています。

医薬品やサプリメントではコンドロイチンと一緒に含まれていることが多く、コンドロイチンが軟骨のクッション性を高め、ビタミンB1硝酸塩が痛みを改善してくれるという相乗効果が期待できるのです。
ですから、五十肩の痛みも改善してくれる効果も大いに期待できます。


ビタミンB1硝酸塩の副作用などの危険性

ビタミンB1硝酸塩は水溶性の成分なので、必要以上に摂取してしまっても尿によって排出されてしまいます。
ですから、副作用などの危険性はほとんどありません。

ただ、不足することで疲労感や便秘、手足の痺れなどの症状が表れることもあります。

ビタミンB1硝酸塩にアレルギーがある方や腎臓・肝臓に疾患がある方は摂取する前に医師に相談した方が良いでしょう。



関連コンテンツ一覧


スポンサードリンク