五十肩 回復期

よくある勘違い!回復期の五十肩で絶対にやってはいけない注意点とは

急性期・慢性期・回復期の3つの時期に分けることができる五十肩ですが、五十肩はその時期に合わせた改善法を行なうことが大切です。
回復期とはどんな時期なのか?どんな改善法が良いのか?などをご紹介します。

回復期とは?

五十肩の回復期とは、名前の通りだんだんと回復してきている時期で、痛みや不快感も少なくなり手も動かしやすくなっている状態です。

個人差はありますが、五十肩を発症してから3~6ヶ月後くらいになります。


回復期の治療法

急性期には薬物治療を行なっていた人でも、回復期になるとほとんど痛みもなくなっているはずですから、薬を飲む必要はなくなっているはずです。

回復期には積極的に動かす「運動療法」と肩などを温めて血行を良くする「温熱療法」を取り入れましょう。

痛みがなくなってきたからといって放っておくと、後遺症として運動制限が残ってしまう事も考えられるので、安心せずに無理のない程度に肩を動かすのを怠らないようにしましょう。

肩を意識してしっかりと動かすことが重要で、ヨガやラジオ体操を取り入れるのもオススメです。


回復期に注意したいこと

痛みが消えてきている時期なのでついつい油断しがちなのですが、まだまだ完治したわけではないので注意が必要です。

回復期に肩を動かしていないと癒着を起こしてしまうので、運動制限が残ってしまう可能性が考えられます。
ですから、自分の出来る範囲で無理することなく運動を取り入れましょう。

以前スポーツをしていた人なら再開するのもいいでしょう。
体操療法をしっかりと行い、マッサージやストレッチなども積極的に取り入れましょう。



関連コンテンツ一覧


スポンサードリンク