神経痛 五十肩

五十肩とよく間違えられる病気!神経痛の症状と対策方法とは?

五十肩かと思ったら神経痛だったということもよくあること。五十肩と神経痛の違いって何なのでしょうか?
また、神経痛の原因や症状にはどんなものがあるのでしょうか?自分で出来る対策なども紹介します。

神経痛の原因と症状

神経痛といってもいろいろな種類があり、もしかして五十肩?と思っても、肩や腕などの神経痛であることも多々あります。

神経痛の原因として考えられるのは、加齢によって椎間板の弾力がなくなり堆骨と堆骨が擦れてしまうことで変形したりすることなどです。

痛みや痺れなどの症状がありますが、場所によってはめまいや耳鳴り、目のかすみ、肩こりなどが起こる場合もあります。


神経痛と五十肩の違い

神経痛と五十肩の違いは、痛みです。

五十肩は肩を上げると痛かったり可動域が狭くなったりするのですが、神経痛の場合には動かさなくても痛かったり、痺れる感じがあります。

同じ肩の痛みでも、痺れる感じがあるのなら神経痛の可能性も考えましょう。


神経痛の対処方法

神経痛は基本的に自然に改善されていくものですから、安静にしたり温めたり、軽い体操を取り入れたり、自分でやってみて効果がありそうなことを取り入れてみましょう。

適度なマッサージは血流が改善されるので、痺れや痛みなどの症状が楽になることがありますが、力が強すぎると逆効果になってしまうので注意が必要です。

神経痛の場合、長時間同じ体勢は症状を悪化させてしまうことがあるので、デスクワークなども控えるか、こまめに休憩をとるようにしましょう。



関連コンテンツ一覧


スポンサードリンク