五十肩 注射

注射は五十肩の治療に効果的なのか?副作用やアレルギーの危険性は?

五十肩は人によって痛みに差がありますが、痛みが強い人はとても辛いもの。
そんな五十肩の痛みがひどい方向けの治療のひとつにヒアルロン酸やステロイドによる注射療法がありますが、その効果や副作用などについて紹介します。

五十肩に注射治療は効果的か?

五十肩の注射にはいくつかの種類があり、一番ポピュラーなのはヒアルロン酸注射ですが、そのほかにはステロイド注射や神経ブロック注射などがあります。

五十肩の治療の基本は安静、そして運動や保温ですが、人によっては激痛を伴ったり動かすのが辛く痛くてたまらないという人もいます。
そのような場合、注射による治療も考えられます。

効果の差や持続性はそれぞれ違いますし、副作用などの心配もあるので打てば良いというものではありませんが、注射をすることで痛みを改善することができるのは事実です。


ヒアルロン酸注射の効果と副作用

ヒアルロン酸注射は五十肩だけではなく、すべての関節痛に効果がある注射で、中でも老化が原因の痛みの場合には一般的な治療法です。

ヒアルロン酸は炎症を押さえ、痛みを改善してくれます。
また、肩が動きやすくなる効果もあります。

効果は2週間ほど続き、効果を持続したいのであれば2週間おきに注射を打つ必要があります。

ヒアルロン酸注射は関節注射なので、注射を打った日は感染症を防ぐためお風呂にはつかることはできません。

ヒアルロン酸は体にある成分の一つなので、注射しても副作用の心配はほとんどありません。


ステロイド注射の効果と副作用

五十肩に有効とされるステロイド注射。
即効性があるというメリットはありますが、注意も必要です。

ステロイド注射は炎症を抑える効果は高いのですが、使いすぎてしまうことで肩の組織が弱まってしまう副作用もあるため、1~2週間おきに3~4回が限度となります。

こういった危険性もあるため、効果が実感できない場合にはすぐに中止した方が良いでしょう。



関連コンテンツ一覧


スポンサードリンク