コラーゲン 五十肩

コラーゲンの五十肩への効果!副作用やアレルギーの危険性は?

美容成分としてよく知られているコラーゲン。女性はこの言葉に弱いですよね?
そんなコラーゲンが五十肩にも効果があるという噂が!?効能や副作用、アレルギーといった危険性をそれぞれご紹介します。

コラーゲンとは?

コラーゲンとはタンパク質の一種で、内臓・筋肉・目・骨・髪など、いろいろなところに存在していて、お肌の70%がコラーゲンで構成されています。

コラーゲンはお肌のハリを保ってくれる効果があり、若さと健康に必要不可欠といわれる栄養素。

しかし、加齢や紫外線によって体内のコラーゲンは減少してしまいます。
そうする事で、老化現象が起こってしまうのです。


コラーゲンの五十肩への効果

コラーゲンの効果でよく知られているのは美肌効果ではないでしょうか?

コラーゲンを摂取することで新陳代謝が活発になり、体内で常に新鮮なコラーゲンが生成されます。
お肌の保水力を高めてくれる効能もあり、シワやたるみ、しみ、クマなどの予防にもなります。

また、五十肩などの関節痛にも効果的です。

肩や膝などが痛む関節痛は関節軟骨の磨耗がひとつの原因で、コラーゲンが減少してしまうと軟骨が磨り減ってしまい、骨と骨の摩擦で痛みが出るのです。

ですからコラーゲンを補給することで、その関節痛を予防&改善することもできると言われています。


コラーゲンの副作用は?

コラーゲンはもともと体にある成分なので、摂取しても副作用の心配はほとんどないと言われています。

ただ、タンパク質系統の成分にアレルギーがある人はアレルギー症状を引き起こす危険性もあるので、このあたりは十分注意が必要です。

また、過剰摂取は腎臓に負担をかけてしまうので気をつけましょう。

コラーゲンそのものに心配はありませんが、何由来のコラーゲンなのか?も確認すると良いでしょう。



関連コンテンツ一覧


スポンサードリンク