石灰性腱炎 五十肩

五十肩とよく間違えられる病気!石灰性腱炎の症状と対策方法とは?

五十肩とよく似た症状に石灰性腱炎がありますが、石灰性腱炎と五十肩はどんな違いがあるのでしょうか?
そして、石灰性腱炎はどんな原因で起こり、どんな症状なのか?自分で出来る改善方法と共にご紹介します。

石灰性腱炎の原因と症状

石灰性腱炎は40歳~50歳の女性に多く見られるもので、肩腱板内に沈着した「リン酸カルシウム結晶」が原因となり、急性の炎症を起こしているものです。

肩の痛みや運動制限などの症状があり、夜に突然肩関節の激痛に襲われて症状が始まることが多いようで、痛みで眠ることができなくなることもあります。

また、関節を動かすことさえも出来なくなってしまうようです。


石灰性腱炎と五十肩の違い

肩腱板内に沈着したリン酸カルシウム結晶が原因となり、急性の炎症を起こしているものが石灰性腱炎。

石灰は初めはミルク状なのですが、どんどん形態が変化し硬くなります。
そして、どんどん溜まっていくと同時に痛みも増し、腱板から滑液包内に破れ出るときに激痛を引き起こしてしまいます。

それに比べ五十肩は、多くの場合は加齢によって腱の弾力が失われることなどが原因で起こります。

症状はどちらも似ているのですが、石灰性腱炎はレントゲンをとることで腱板部分に石灰沈着が確認できます。


石灰性腱炎の改善方法

石灰性腱炎が急性の場合、腱板に針を刺し石灰を吸引する方法もありますが、三角巾やアームスリングなどを使用して安静にする保存療法が一般的です。

この保存療法でほとんどの場合痛みは軽くなりますが、再発したり痛みが強い場合には手術をすることもあります。

痛みが取れたらホットパックや入浴などで温める温熱療法や筋肉の強化などの運動療法なども取り入れると良いでしょう。



関連コンテンツ一覧


スポンサードリンク